【Razer Seiren X レビュー】小型&シンプルで扱いやすいボイスチャット向けマイク

4.5

どうも窓機械です。さて、皆さんは配信や通話はどのマイクを使っていますか?お手軽なヘッドセット?USBタイプ?デカイけど高性能本格的なXLRタイプ?

そんなこんなで今回は、ちょっと本格的だけど小型ですごいやつ、Razer Seiren Xを紹介します。

Seiren Xについて

Gaming Microphone - Razer Seiren X
Designed and tested by top Twitch streamers, the Razer Seiren X gaming mic takes your live streaming to new broadcasting heights.

SeirenXはRazerが開発・販売しているUSBマイクです。

このマイクはゲーム中の通話や、配信・実況で使われることを主眼に設計されていて、キーボードの音が入るのを最低限までに抑えるスーパーカーディオイド型の集音方式や、自分の声をモニタリング可能な3.5mmヘッドホンモニタリング端子・ミュートボタンを搭載。更に内蔵ショックマウントを装備しています。

価格は12,000円程度、マイク用のオーディオインターフェースなどを別途で用意する必要がないので比較的安価な方だと思います。

実際に使ってみる

開封の儀

では早速開封していきましょう。


保証書は箱底面にあります。保証を受けたい場合はなくさないようにしましょう。


開くとマイク本体があります。


付属品です。

  • 本体
  • スタンドベース
  • サポートロッド
  • マイクロUSB to USB Type-Aケーブル(約1.8m)
  • ステッカー
  • 説明書やガイド

が入っていました。

本体を見てみる

SeirenX本体はこんなかんじ、すごい小さい。現在私が使ってるXLR型のコンデンサマイクであるMPM-1000と比較すると小ささが目立ちます。

端子類はこんなかんじ、PCと接続するMicroUSB端子と、声をモニター(確認)する3.5mmステレオミニジャック端子があります。

使ってみる

組み立ては簡単

組み立ては簡単です。本体とスタンドベースをサポートロッドでつなぐだけ
本体は軽いですが、ベースが思ったより重量感があるため安定しています。

机の上に置いてみるとやっぱり小さい。

机に置いてみるとこんなかんじ、小さいので机のスペースを取らないですし。煩雑になりがちなケーブルに関しても、USBケーブル1本で接続完了なのでとても扱いやすい

液タブやSwitch、マルチモニターなどいろいろあっても小型でデスクに収まる

ソフトウェアや専用ドライバに依存しないシンプルさ

基本的にRazerのデバイスは「Razer Synapse」を始めとする、Razer製のソフトウェアで調整を行うことが多いのですが、Seiren Xはそのようなソフトウェアを必要としていません。もちろん専用ドライバも不要

故に細かい声の調整や設定はできませんが、セットアップが簡単他社製のデバイスなどを使っていても導入しやすい専用ソフトウェアによくありがちなバグなどに遭遇しにくいというメリットがあります。

普段からRazerを使っていない人にもおすすめできますね。

ミュートボタンは常時点灯でやや鬱陶しいかも

PCに繋いでみるとミュートボタンが緑に光りました。常時点灯で色変更や消灯ができないのでここは注意が必要です。

ミュートボタンを押すと赤色に移り変わり、ミュートになります。

小さいながらもボイスチャットに耐えれる音質

小さいのは素晴らしいですが音質も重要、私の現環境(MPM-1000+AG06)と比較してみました。

こんなかんじ、上がMPM-1000とAG06、下がSeirenXです。
(生声注意)

mpm-1000
Seiren X

若干解像度はMPM-1000のが高めです。さすがXLR接続なコンデンサーマイク

ただSeirenXもノイズはほぼないですし、声もあまり籠もってはないのでボイスチャットには十分な音質は備えていると思います。

単一指向性なもののどうしてもキーボードの音は拾いがち

SeirenXで録音しながら青軸に近いメカニカルキーボードであるLogicool社のG512-CKを近くでつかってみるとこんな感じ、単一指向性(スーパーカーディオイド)ということで音は軽減されているものの、どうしても周りの音は入ってしまいますね・・・

PC音声との音量バランスを調整可能なモニター端子が優秀

先程、開封時に紹介していた、モニター用の3.5mmステレオミニプラグですが、ここでは、自分の声はもちろんのことPC音声もモニタリングできるらしく、自分の声とPCの音声のバランスを調整することが可能です。

もちろん、モニター端子では自分の声の遅延がないので非常に扱いやすい。

マイクアーム固定はOK。ただし重さには注意

サポートロッドと本体の接続部がマイクマウンタやマイクアームでよく使われる5/8インチネジタイプなので5/8インチネジ対応のマイクアームなどはもちろん、変換金具を用いることで3/8インチネジ対応のマイクアームなども扱うことができます。

マイクアームはRODEのPSA1
3/8ネジ対応なアームだが5/8変換金具で固定できている

なおこのマイク本体は非常に軽量(160g程度)なため、マイクアームなどは調整できなかったり、ぶれてしまうことが多いと思います。検討前にマイクアームなどの側の仕様を確認することをオススメします。

AGC機能が付いている

Windows上でのSeirenXのマイクプロパティを見てみると、AGC機能が付いていました。

AGC機能
  AGC(Auto Gain Control) とは、ざっくりいうと声の大きさが大きいときにはゲイン(音声信号のレベル)を下げ、小さいときにはゲインを上げる・・・みたいに、ゲインを調整することで声の大きさを一定に保つ機能。

SeirenXの場合は例えば複数人でを利用するときに役に立ちます。
複数人で一つのマイク扱う場合、マイク本体との距離が人それぞれ変わってしまいます。しかしAGC機能をオンにすれば距離が変わっても声の大きさを一定レベルにすることができますね。

この機能はありがたいです。

Razer Seiren Xまとめ

  • 小さいのでデスクのスペースを取らない
  • USBケーブル一つで接続完了かつ、ドライバや専用ソフトを必要としないため、簡単に使える
  • 音質は特に優秀というわけではないものの、ノイズがほぼなく、声もこもらないためボイスチャットなら十分なレベル
  • モニター用3.5mmステレオ搭載でPCの音声と自分の声のバランスを調整可能。
  • SeirenX本体(スタンドを除く)が軽いのでモニターアームを取り付ける際は注意が必要。
  • 単一指向性だが多少はキーボードの音も拾う

このマイクは、あくまでボイスチャットや配信・実況に用途を絞って、よりコンパクトに、簡単に接続できるように作られた、ゲーミングデバイスメーカーRazerらしいマイクだと思いました。

お手軽にボイスチャットや配信・実況してみたいという方におすすめなマイクです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました