【レビュー】MPM-1000とUM2で快適な12000円のマイク環境を作る

どうもはじめまして窓機械です。今回、格安エントリー向けマイクMPM-1000と、格安オーディオインタフェース、BEHRINGER UM2でマイク環境を整えてみました。

MPM-1000を見る

このマイクはマランツプロが出しているエントリー向けに位置するモデル、コンデンサーマイク入門機としての性能も高くコスパが非常にいい(6000円)
実況や配信に向いている…らしい、自分自身初コンデンサーマイクなのでかなり期待してます。

Amazonリンクはこちら

開けてみる

マイク本体、スタンド、脚、ウィンドスクリーン、説明書が入っていた
ここまであればオーディオインタフェースさえあればすぐさま使うことができる、入門機なだけありかなり親切

ケーブルは2mくらい、普通のマイクケーブルだ

組み立ててみる

スタンドに脚をつけて…

ウィンドスクリーンを本体に取付してスタンドにはめ、ケーブルを後ろからブスリ

完成!!ついでにAmazonで購入したキタクニのホップブロッカーもつけました。

めっちゃ簡単、さすがエントリーモデル

次→BEHRINGER UM2を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました