【レビュー】Amazonの1500円でベーシックな巨大マウスパッドレビュー。大きめな奥行きで扱いやすい!安く大きなマウスパッドがほしいならおすすめ!

どうも窓機械です!今回は使ってたマウスパッド(QcK Edge XL)が汚れてきたので、Amazonで超格安な大型マウスパッド「Amazonベーシック マウスパッド ゲーム用 拡張サイズ」を購入しましたのでレビューしてきます!

基本的な仕様や概要をチェック!

AmazonベーシックマウスパッドSteelseriesQcK Edge XL
タイプソフトソフト
寸法(横・奥行き・厚さ)91cm x 42cm x0.25cm90cm x 30cm x 0.2cm
水洗い
価格(Amazon.co.jp)約1,500円約3,600円
備考保証一年保証一年(代理店)
スティッチ(縁)加工

大きな特徴はその価格でしょう。1,500円で同じサイズなSteelseries QcK XLの半額、水洗いにも対応しています。
また、奥行きが40cmと広いのも特徴です。なかなかのコスパ


開封・外観をチェック!

箱はAmazonらしいシンプルな外装です。

Amazonbasicの文字
実際に敷いてみた様子
存在感がすごい

中には説明書すら入っていません。敷くだけですもんね()
ただ気になる点が一つ、Amazonbasicのロゴが直接印刷なタイプです。なのでやや印刷が剥がれやすいかも 、まぁこの格なら仕方ないところがありますね。

以前使っていたSteelseriesのQcK Edge XLとの比較、先述した通り、幅は90cm程度で同じですが奥行きが10cm程度大きいです。
なのでややQcKのほうがエッジも相まってスタイリッシュに見えるかも

厚みは0.2cmちょっと

公式によれば0.25cm

縁取りがないのでやや見た目は悪いかもしれません。(薄いのであまり気にはならない)

裏面はしっかりラバー加工でずれないようになっています。

実際に使ってみた!

実際に敷いてみました。

以前の環境から奥行きが増えたおかげでスペースに余裕ができました。

とくにマウスがすごい扱いやすくなった。
以前のQcKは横移動は問題ないものの、自分がかなり手前でマウスを操作する関係上、上下方向にマウスパッドの面積が足りず少し窮屈に感じていました。しかも大型マウスパッドなのでキーボードも載せないといけない。マウスパッドも動かせない

しかしAmazonのマウスパッドは奥行きが10cm大きいのでキーボード、オーディオインターフェースを載せつつも、左右上下移動するにあたって十分な可動域を確保することができました。この10cmの差は馬鹿にできません。

さて肝心な滑り心地ですが、ややQcK Edgeより滑らないなぁ・・・というかんじです。値段差は感じます。
ただ裏側のラバーですべることはなく、性能的には十分ゲームに耐えると思います。

総評

Amazonベーシックマウスパッドのいいところ

  • 90cm x 40cmという超大判
  • 水洗い可能
  • Amazonの1年保証
  • それなのに1,500円という安価さ

Amazonベーシックマウスパッドの注意点

  • 流石に滑り心地はSteelseriesなどの3000円Overなマウスパッドにはかなわない
  • 印刷が劣化しやすいかも

個人的に、 印刷や本体が劣化してもすぐ買い換えられるくらい安価なのに非常に大きく、水洗いや保証もしっかりしているのがいいところだとおもいます。無難な大型マウスパッドがほしいならぜひおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました