定番イヤホンSHURE「SE215」をType-C化してみた!

今回Shureの「SE215」と、同社の純正Type-C化ケーブル「RMCE-USB」を購入したのでレビューしていきます。 

Shure「SE215」について

超定番のShure人気モデル

ShureのSE215は2011年から発売されてから現在に至るまで、比較的安価な価格と素直なサウンドで万人に対しておすすめできる人気イヤホン。
特徴としては

  • モニタリングに使用できる高い解像度
  • 圧倒的遮音性
  • バランスの良い音
  • 1万円にして、リケーブルが可能(端子はMMCX)、ケーブルの長さや種類を変更可能

それ故に派生も多く

  • 低音を重視してEDMやロックに向いたSPEモデル
  • Bluetoothに対応し、無線イヤホンとして生まれ変わったBT1モデル
  • リモコン+マイクコントロール機能を搭載したUNIモデル

などなど・・・イヤーピースやケーブルもかなりの種類があります。

私が今回買ったのは、リモコン+マイクのついた「SE215-CL-UNI-A 」

製品ページ(SHURE):https://www.shure.co.jp/products/earphones/se215

SE215をType-C化する
RMCE-USB」

RMCE-USBはShureのType-C to MMCXケーブルです。長さは127mmで、これ以外はありません。個人的には100mm程度が一番ちょうどよかったかも

最近のスマートフォンはイヤホンジャックを搭載していない場合があるのでこのようなケーブルは嬉しい(DAP運用めんどくさい

リモコンが搭載されていて音楽の再生停止、音量調整を、マイクも付いてるので通話もいけます。

Type-C接続ということでDAC機能はケーブルに搭載されています。最大24bit/96kHz、一応ハイレゾ

弱点なのがその値段、Amazonでも1万円以上します。SE215がもう一つ買えちゃいますね

あと一応すべてのスマートフォンで問題なく動作する保証がないので注意を

製品ページ(SHURE):https://www.shure.co.jp/products/accessories/earphones-accessories/rmce_usb


開封

SE215の方から

開けると本体、イヤーピース、クリーナー、説明書、ポーチが入ってました。

先程も言ったとおり今回買ったSE215自体にもリモコンがついていてこんなかんじ、操作方法はこちら→https://pubs.shure.com/guide/RMCE-UNI/ja-JP

RMCE-USBのほうはケーブルと説明書のみ

リモコン及びマイク


聴いてみる

管理人自身があまりオーディオに触れてから経験がないため若干言葉が足りない部分が出てしまうかもしれません。また聴いた感想に関しては完全な主観でのものです。実際に聴いてみてみるのが確実です。

まずType-Cイヤホンジャック変換アダプタ+SE215で聴く

比較対象としてはなんだが前環境で使ってた、エレコムのType-C→イヤホンジャックアダプタ(AD-C35BK)をSE215付属のケーブルと接続したものでも聴いてみる

今回はアニメ「けものフレンズ」の「セルリアン」という曲を聴いてみた、非常に重い重低音が特徴なEDM


良くも悪くも普通、ただSE215の遮音性は本物、音質も悪くないです。

次にSE215+RMCE-USB


かなり差がありました。

まず全体の音の解像度が上がってます。音の篭りも軽減され、低音がちゃんとなるようになった印象。SE215の性能が引き出された。これに見た目や、利便性も考えると1万円の値段も納得

「SE215」+「RMCE-USB」まとめ

  • イヤホンジャックがないスマホでも使える
  • 純正ケーブルでしっかりSE215の性能を活かせる
  • リモコン+マイク付き
  • 高い(両方合わせて2万円前半)
  • 長さが127mm一種類しかない

私が欲しかったポータブルオーディオ環境が、「イヤホンジャック非搭載なスマホ使いたいけど、DAPや変換アダプタなしで音楽が聴きたい、でも音質はそこそこほしい」というものでしたのでかなり満足してます。しばらくはポータブルオーディオ関連は買わないかな・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました