NZXT 後継Hシリーズケース6種及び「H510 Elite」を発表

NZXTは5月27日、新型ケースシリーズ「H-Series Refresh」及び「H510 Elite」NZXTのブログにてを発表しました。

H-Series Refresh

NZXT発表→https://www.nzxt.com/news/80

H-Series Refreshシリーズは同社のHシリーズの後継となるシリーズ
色はホワイト/ブラック/レッドで、先代と同じようにマザーボードのフォームファクタによって種類が分かれます。

H210/H210i(Mini-ITXまで対応)

製品ページ(H210)→https://www.nzxt.com/products/h210-matte-white
製品ページ(H210i)→https://www.nzxt.com/products/h210i-matte-white

グローバル価格(MSRP)

H210:$ 79.99 USD
H210i: $ 109.99 USD

H510/H510i(ATXまで対応)

製品ページ(H510)→https://www.nzxt.com/products/h510-matte-white
製品ページ(H510i)→https://www.nzxt.com/products/h510i-matte-white

グローバル価格(MSRP)

H510: 69.99 USD
H510i: 99.99 USD

H710/H710i(E-ATXまで対応)

製品ページ(詳細)→https://www.nzxt.com/products/h710-matte-white
製品ページ(詳細)→https://www.nzxt.com/products/h710i-matte-white

 

グローバル価格(MSRP)

H710:139.99 USD
H710i:169.99 USD

 

Hシリーズと比較しての特徴

  • フロントパネルにType-C(USB3.1 Gen2)ポートが1つ追加されます。
  • フロントパネルの3極マイク/オーディオ端子が4極のヘッドセット端子に統一されます。
  • H710iはH700iと違い、垂直GPUマウンターを搭載していてグラフィックボードの縦差しが可能(最大2.5スロット)
  • もちろん以前のH500iと同じようにH510iでも縦差しは対応(厚さ2スロットまで)
  • i付きに搭載していたスマートデバイスがさらに強化され、Smart Device Vと呼ばれます。
    HUE2に対応し、制御チャンネルも2つに増加します、また以前と同じく3つのファン制御チャンネルを備えます。
  • サイドパネルのネジが1本に減少しました。

H710iが2.5スロットまでの縦差しに対応しているのが嬉しいところ、またスマートデバイスもHUE2に広がったことで更にライティングを楽しめるようになる。
唯一H400/H400iの後継になるであろうH410/H410i(MicroATX対応)はまだ発表されていない、少しあとに発表されるのだろうか?

 

H510 Elite

発表ページ→https://www.nzxt.com/news/81
製品ページ→https://www.nzxt.com/products/h510-elite-matte-white

H510iを元に、フロントがガラスになり正面には同社のAER RGB 2が姿を見せる。

価格は149.99 USD 色はマットブラックまたはマットホワイト

個人的に一番気になるのがこれ、フロントがガラスになってRGBが非常に活かせるようになった、NZXTらしく見た目もシンプルでGood!!値段も元のH510iより高いが、単品で4,000円近くするAER RGB 2が2つも付属している、そう考えると結構安い

発売日について

すべて7月頃に発売を予定している。詳しくはNZXTのWebサイトTwitterアカウントをチェックだ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました